Home
 
  文化財事業
 
  助成事業
 
  主催事業
 
  後援等事業
 
  コレクション
 
  リレーエッセイ
 
  財団沿革
 
  旧助成事業
 
 
 
 
 

事務局
〒277-0005
千葉県柏市柏4-5-3
TEL: 04-7167-6153

 


Home > リレーエッセイ > relevos.51〜55

 relevos.51〜55

relevos(リレーエッセイ)は、気ままに連鎖します。
当財団は口をはさめません。


 relevos.51 酒井 美咲   「エ ビ」

 趣味は?と聞かれると、決まってこう答えていた私。“食べること”
 おいしいものを食べている時は、本当に幸せな気持になります。生きていて良かったと思うほど…。
 ここで私の好きな食べ物を紹介しましょう。まずはbPにエビですよ。あのぷりぷりの食感がたまらなくおいしいのです。エビフライ(基本はタルタルソース)はもちろん、エビチリやエビ餃子、エビ春巻にエビニラ饅頭、エビグラタン、エビドリア、蒸しエビに甘エビなどなど。他にもエビが入っていれば私の目は輝きます。先日外食をした時の事です。「何食べたい?」と聞かれ、「和食」と答えたのにも関わらず、メニュー表を見てエビの入った「ナポリタン」を注文していました。ごめんなさい。
 他にも好きな食べ物はたくさんあります。“まったり・とろとろ”。これだけでは伝わらないでしょう。う〜ん…例えばかぼちゃサラダやポテトサラダ、煮崩れた肉じゃが、チーズにグラタン、八宝菜などのあんかけ料理(うずらの卵は一番最後)、そして給食に出た鯖の味噌煮などなど、挙げればきりがないほどです。
 もちろん食べ方にもこだわりがあります。きっと変わってるヤツだと思う人もいることでしょう。でもちょっぴりお教えします。まずは、食パン。トーストしない食パンを牛乳に浸すのです。耳から。のどごし良く朝にはもってこいです。次に黄身がとろとろの目玉焼き。ご飯に載せて白身を先に食べ、黄身をつぶして真っ白なご飯にとろ〜り。ポイントは茶碗を汚さないこと。そして前にも出てきたかぼちゃ、じゃがいも。サラダでも煮物でもマッシュして食べるとまったり度がアップします。ラーメンやスパゲッティは蓮華またはスプーンの上にすべての具をのせミニを作って食べる。ポッキーはチョコのかかってない方から食べたり、ロールケーキやバウムクーヘンは一枚ずつ食べたりと…。ぜひお試しあれ。
 さて、話は変わって好きな食べ物がたくさんある私は、いろんな所に食べに行くのが大好きです。ローカル雑誌に載っているオススメのお店や、オープンしたお店、クーポンに載っているおいしそうなお店や、お得なお店、口コミで聞いたお店など地図を見ながら探します。お店を発見した時の喜び、メニュー表を見てどれにしようか悩み、おいしいのかなぁという期待と不安の待ち時間、そしてまた料理が出された時の喜びと嬉しさ…!!これでおいしければ完璧、これぞ至福の時。まさにほっぺたが落ちる感じ。しかし、仕事柄なかなかおいしいと言わない私に友達は呆れています。
 今は友達と食べに行く事が多いのですが、いつかは大好きな彼と雑誌を広げ、休日にはお出かけしたいなぁと密かに思っている私です。彼と一緒なら何でもおいしくて嬉しくて、たとえエビがなくても幸せです。夢は一緒にえびふりゃー&天むすをお腹いっっっっぱい食べることです。そしてお金を貯めて、いつか伊勢海老を…。
 次回はちょっと不思議な専門学校の友人、しばっきーです。


酒井さんは、こんな人… relevos.50 金田 一元
新潟県栃尾市在住の酒井美咲さん。今春から社会に羽ばたく学生さんです。現在は卒業に向けテストの真っ最中。昨年の水害にも地震にもびくともせず着実に元気に一歩一歩進んでいます。('05年2月)



 relevos.52 柴木 八代恵   「梅雨〜夏〜最近」


 美咲から紹介されました、しばっきーです。3月くらいに話を聞いていて、すっかり忘れていた5月ごろに依頼が来たもので、何を書こうか悩んでいるうちに〆切間近になってしまいました。ということで、書き出しからどうしようもない感じですみません。
 そういえばあっという間に気温が上がってきて、最近、新潟でも夏日が続いています。でも、もしかしたらこのエッセイが載るころには梅雨に入っていたりして・・・!?雨は憂鬱です。なぜかって??そりゃあもう、天パだからですよ!!!非常に困るんです。湿気が多くなると、髪に具合でわかっちゃうんです。残念ながら(; ;)どうしても天パを自分の中でプラスに考えられなくて・・・まぁ今の時代、縮毛矯正があるから助かっています。本当に感謝☆早く夏になってほしいものです。だって夏は服装が軽くなるし、冬服に比べたら値段も手ごろになるし◎(...そうではない方もいると思いますが)えーと、夏といえば、やっぱり花火大会ですよ!!新潟では、7月の柏崎の海上花火、8月の長岡大花火大会、9月の片貝まつりの花火・・・などなど、見所たくさんの花火大会ばかりです。観たことある方いらっしゃいますか?すごいですよね。今年は復興元年ということで、さらに力が入ったものになるのではないかと個人的にかなり期待しています。あと、花火に欠かせないのが、ビール☆最近はお風呂あがりについつい冷蔵庫のビールに手が伸び、かっぱえびせんとか、さきいかとか・・・だめですねぇ。ストレスというか、疲れるほど仕事してるわけでもないような↓気疲れですかね。新しい環境になって、また人間関係を築くって大変なことですね。人見知りの私にとっては、かなり精神的に疲れます。でも、話さないと人の名前が覚えられない・・・そういうのが得意な人もいますよね。一度会っただけで覚えてしまうなんて、うらやましい限りです。なんか年取るごとに人と話すのが億劫になるというか、別に話さなくてもいいかな!?みたいな。でも、人と話すのは嫌いじゃないんです。友人関係は狭く深く・・・とにかく今は親しい友人と、大好きな彼がいればいいかな◎そんで1年後あたりに、そこに同僚も加わるようにこれからの日々なるべく話すようにやっていこうと思ってますけど。でも、考えてみたら同年代の人がいない・・・↓まぁ年の差なんて関係ないですよね。あーなんか久々に、みんなで飲みたくなってきたぁ!!ということで、冷蔵庫あさってきます。そして飲みます☆
 次は高校時代からの飲み友達。今は都会っ子になってしまっているアラドンです。


柴木さんは、こんな人… relevos.51 酒井 美咲
 同じ道を目指して、3年間専門学校を共に過ごしてきた友人です。実験班はいつも一緒で頼りになる大きな存在です。ここでひとつ、彼女のおもしろいクセを紹介します。彼女の持つシャーペンはいつもクルクル回っています。ペン先がですよ。どうやら常に先端で書きたいらしく、書きながらもクルクルと…器用なのかしら。



 relevos.53 新井 麻子   「キラキラしたもの」

 新潟から東京に来たアライことアラドンです。私としては、まったく都会っ子になったつもりはないんですけど。でも地元の子にすぐに会いに行けないことは、やっぱり根っからの地元人ではなくなったのかなぁと感じた今日この頃です。でも、心はいつも新潟にあるんですけどね。(苦笑)
 今、仕事の合間に読んでいる本がありまして。日本語についての本なんですが、そこで「明日」という言葉に出会いました。出会ったという表現もおかしいんですけど、このエッセイで書く内容を決めたきっかけになったので出会いなんです。「明日」という言葉は、今まで日常の中で次の日という意味で普通に使っていましたよね。でも。もともと朝という意味なんだそうです。昔の日本の貴族たちの生活は、夕方から始まり朝で一日が終わるという感じだったとか。なんだか、今の生活から考えると、楽しそうでゆっくりした時間の流れを感じられて羨ましいものです。
 私は、なぜか「朝」という言葉にひっかかるものを感じてきました。大学はデザイン系の所に行っていたのですが、「朝」と関係のある課題に取り組んで組んでいるときに、なんだかある種の幸せな気分になる自分がいたんです。それから、どこか「朝」がひっかかるようになったのです。
 私は、キラキラしたものが好きなんですが、どうやら、「朝」は私の中でキラキラしたものに入るらしいのです。キラキラといってもファッションのスパンコールなどのキラキラしたものから、青春のような目に見えないキラキラしたものまで、いろいろあります。そこで、何で朝は私の中でキラキラしているものなのかと考えてみようと思い…。どうやら22年間を過ごした実家に理由があるようなんです。
 私の実家は、信濃川の土手沿いにあって、2階の私の部屋の窓からはいつも、川と林と橋だけが見えるという感じでした。なので、私の部屋の朝は、鳥の声と川の音、風の音とおもちゃみたいな車が走る橋だけです。無音ではないけれど、どこかこの世から隔離されているような不思議な感じがするんです。
 夢から覚めて、現実と非現実の間の朝。
 私の部屋が持つ、現実と非現実の間の朝。
私にとっては、この不思議な感覚がキラキラしているものに入るみたいなんです。
 環境がその人を作るといいますが、私もあの実家にいなければ、こんなに朝について考えることもなかったでしょうし、「朝」という言葉がひっかかることもなかったんじゃないかなぁと思います。でも、「明日」という言葉に出会ったことで、自分の中の謎解きができました。(笑)
 なんだかとっても個人的な事を書いてしまいましたけど、自分だけの感覚っていうのはおもしろいなぁと思うので、何かの機会に考えてみるのはいかがでしょうか?
 最期に、明日という漢字が意味するのは、太陽が明るく照っている時間だそうです。明るい日=アシタをいつも明るく楽しい日にしていけたら素敵ですよね。
 さて、次はとってもかわいくてついつい抱きしめたくなってしまう、大学の友人、シマコです!


新井さんは、こんな人… relevos.52 柴木 八代恵
 地元新潟の高校で知り合った彼女は4月から東京で働き始めました。平均いつもテンションが高めですが、そんなところに助けられている部分も多いです(笑)。そんな彼女にはいつまでも自分らしくいてほしいと思っています。



 relevos.54 島田 朋子   「最近はまったこと」

 マコちゃんから紹介してもらった島田です。私はマコちゃんと同じ年ですが、一年浪人していたので、まだ大学生です。来春からは地元である富山で働くことに決まりました。それまでは、もう少し甘ったれたこの学生生活を続けたいと思っています。(笑)
 マコちゃんに「エッセイ書いてみない?」と言われて深く考えずに「いいよ〜」と言ってしまい、いざ書こうとすると、何を書いていいのかわからなくなったので、ちょっと最近はまったことについて書かせていただきます。
 最近はまったこと、それは昼ドラです。今はちょうど雛形あきこさん主演の「契約結婚」を放送していました。私は今まで昼ドラを見たことがなく、特に見たいという欲求もなかったんですけど、友達が家に遊びに来たときに見たいと言い出し、一緒に見たのがきっかけで、なんとなく昼に家に居るときは見るようになっていました。
 でも今では毎日続きが気になって気になって、HPでストーリーをチェックするほどになりました(苦笑)。驚くのは展開の速さです。次々に起こるありえないトラブル達に私の心はもう・・・奪われてしまいました。あの昼ドラならではのドロドロ感というか愛憎劇を見たくないんだけど、すっごく気になるんですよね。で、やっぱり見ちゃうっていう、ね。
 雛形さんの旦那さん役の長谷川さんが、最初はそんなでもなかったんですけど、見ているとなぜか魅力的な人に思えてくるのです。実際にもいますよね?外見は特別かっこいいとはいえないのにすごくモテている男の人。やっぱり、外見も大切かもしれないけど、それ以上に雰囲気や仕草で魅力的かどうか決まるような気がします。
 で、話がそれちゃったので戻します。実は今日9月30日が「契約結婚」の最終回だったのに、ついうっかり友達とランチをしに行ってしまい、録画予約もしていなかったので見逃してしまいました。「あ〜っ」と気づいた時にはもう遅く、慌ててHPを見ました。でもHPでは今日の予告が載せてあるだけなので、内容がわからないんですよね。なんとか知りたいと思って、視聴者の投稿メッセージを読みました。ハッピーエンドで終わったみたいで一安心です。でも自分の目で見たかったなぁと悔やまれます。それにしても投稿メッセージがたくさんあって「契約結婚」の人気の凄さに改めて驚きました。やっぱり皆気になっていたんですねぇ。そして改めて恋愛について考えてしまいました。私は、生きていく中で人を好きになる、愛するということはかなり大きな割合を占めている気がします。やっぱり好きな人には好きになってもらいたいし、しょっちゅう好きな人のことを考えてしまうし、嫉妬もします。相手の言動によって、自分の気持ちやテンションがぜんぜん違ってきて、そのことで自分が周囲に与える影響も小さくはないはずです。そう思うと目にも見えないような感情に振り回されている人間って不思議だなぁと思います。でも、相手の言動に一喜一憂してしまう愚かな自分を愛しく思います(笑)。
 昼ドラに心を奪われた私は、はまってしまったという悔しさと、私も典型的な日本人だったんだなぁという虚しさを感じました。よし、じゃあ、昼ドラ生活とは今日でさよならして明日からは真面目に卒業研究に取り組みます。次回は私の大好きな朝子ちゃんです。


シマコは、こんな人… relevos.53 新井 麻子
 バイト先で知り合い、実は大学も一緒だったこともあり、仲良くなった友人です。一緒に遊び、ファミレスで熱く語ったり…。動きや表情がかわいくて、私の中ではおもちゃにしたい!一人でした。(私の中では誉め言葉です。(笑))



 relevos.55 今井 朝子   「素直スナオすなお」


 私はまだまだ素直になれていない。
彼らと出会ってから4年が過ぎみんなそれぞれ違う道に進んだ。毎日毎日みんなで集まって遊んだ。時には朝までしっかり、まったり、がっちりと。それがどれだけ贅沢で今の自分に必要不可欠なものになっているか社会に出て(あまりもまれていないけど)実感する。自分が慣れていない環境に置かれたとき、過去の経験をふまえて馴染もうとする。そのための基となる引き出しを増やせた4年間。でもきっと今の自分は満足にそれを使えていない。素直じゃないことは楽なことだけど、時々とてもイタイ。
 私には好きな人たちがいる。
それは私にないものを持っている人、でも私にあってその人にはないものもある。隣の芝生は青いけれど私だって同じくらい青いはず。分かってはいるけれど疑うことが多い。
好きな人たちに好きとしっかり言える自分を想像してみる。実際、私は言っているけれど。毎回言っていると真実みが無くなると言うけれど私はそんなことは無いと思っている。だから恋人にも友達にも好きと言う。男でも女でも。だから私は恋愛下手なのかも。(事実恋愛下手です。)
言えるようになったのも私の好きな人たちが私の場所を作ってくれたおかげだと思う。素直になれる場所は時々とても心地良い。
最近私の大好きな人が新潟に遊びに来ていた。前のように語っていたとき「お前は小さなことにすぐ右向いたり左向いたりするからな。」と、言った。確かに私は映画にもすぐに影響されるし、恋人や友達や家族や上司の言ったことにも影響される。しかも左右を向く振れ幅も大きい。だから一向に前に進まないのかもしれない。自分にないものを持っている人を私はうらやましく思う。だからその人がどんなふうに考えているのか知りたいし、吸収したい。だから最近は影響されるのもいいかもって思う。
最近私の大好きな人が心も体も疲れている。遊びに行ったり、新潟に帰ってきたりするとよく会う人。前のように語っていたとき「社会に出ると大変だよね。なんか疲れちゃったなー、私。」と、言った。いつも自分の中にため込んでしまう人が言った。この人にとって今の私の芝生は青い。でも新潟を出てもっと激しい荒波にもまれたこの人の芝生は何倍も青い。だからその人を知りたいし、吸収したい。だからとても好きだなと思う。
素直じゃないことは時々私をポジティブにする。
 私の周りには変わった人がたくさんいる。それは私にないものをみんな持っているから。優しい、卑怯、勇敢、男前、女らしい、口だけ、可愛い、すてき、短気、強気、弱虫、まじめ、頑固、わがまま、正直‥‥もっともっとたくさん。変わっているっていうのは私にないから。だから私も変わり者だ。苦手な人にも私に似ているところ、そうじゃないところがあるはず。それを確かめてからでも苦手意識を持つのは遅くない。でも確かめるにはきっとたくさんの時間がいりそうだ。
心を開けばいい。素直に。
頭では分かっているんだけどな。
次回は、私の昔からの友達のノリコです。唯一私の方言を全部理解できる人です。


今井さんは、こんな人… relevos.54 島田 朋子
新潟の大学で出会った朝子ちゃんは今年から社会人として一生懸命働いています。新潟出身の朝子ちゃんは方言を使い続けていて、その話し方がすーっごくかわいいんです。性格もとってもかわいくて、大好きです。私が男の子だったら、絶対に朝子ちゃんに恋してました。




Copyright(C) 2010 Tekisuiken Cultural Fandation