Home
 
  文化財事業
 
  助成事業
 
  主催事業
 
  後援等事業
 
  コレクション
 
  リレーエッセイ
 
  財団沿革
  
  旧助成事業
 
 
 
 
 

事務局
〒277-0005
千葉県柏市柏4-5-3
TEL: 04-7167-6153

 

Home > 旧助成事業 > 2013年度

2013年度 助成事業


給付団体

アートラインかしわ2013
団体名および、代表者 給付額
@生成のヴィジュアル−触発のつらなり
代表 村山悟郎
    400,000円
A共晶点〜柏ゆかりの新進作家〜
代表 福永明子
    300,000円 
B凸展
代表 向井淳二
     90,000円
C映画「ハーブ&ドロシー」
佐々木芽生監督×現代アートコレクター宮津大輔スペシャルトーク
代表 山下和宏
    200,000円
D The usefulness of the useless
代表 佐野文彦
    400,000円
EStone Portraits
代表 佐藤由基孝 
    150,000円
F柏高島屋ステーションモール×柏美術学院
代表 寺崎好人 
    110,000円 
G柳原絵夢 作品展示
代表 柳原絵夢
    350,000円



助成団体 活動内容

@生成のヴィジュアル−触発のつらなり/作家:浅井裕介、犬山エンリコイサム、村山悟郎、浅井裕介、犬山エンリコイサム、村山悟郎
1980年代生まれのアーティストによる絵画の展覧会。
3人は、“描く”行為の再現ない反復、それにより生み出されるパターンの増殖、変容にともなう時間性を共有しながらも、素材やジャンルを異にする三者三様のヴィジュアルを生み出している。
 会期:10月19日(土)−12月1日(日) 11:00〜18:00(月〜水休館)
 会場:TSCA Kashiwa


A共晶展〜柏ゆかりの新進作家〜/作家:石元靖大(日本画)、犬丸宣子(日本画)、小林智(ミクストメディア)、佐藤恵太(日本画)、名雪大河(日本画)、野口都(染織)、福永明子(日本画)、松井久美(版画)、阿部明花(漆芸)、石坂祐子(彫刻)、ソメヤケンジ(造形)、新妻篤(彫刻)、羽室功二(陶刻)、松隈健太郎(彫刻)、松下由紀子(彫刻)、室屋裕一(陶刻)、矢田遊也(彫刻)、山口圭志郎(彫刻)、山田亜紀(彫刻)
昨年好評を博した展覧会の第二弾。柏にゆかりのある若手新進作家20人の作品が柏市民ギャラリーを埋め尽くす4日間。 日本画、染織、漆芸、陶芸、彫刻など、手法が違えども、それぞれ自らの表現にひたむきに向き合う作家たちのエネルギーが結晶して、まばゆい化学反応を起こします。
  会期:10月13日(日)〜10月16日(水) 10:00〜20:00
  会場:柏市民ギャラリー(柏高島屋ステーションモール8F)


B凸展(とつてん)/作家:尾崎愛、川田龍、川内里香子、下川原美帆、花沢忍、柴田綾乃、中間ゆき、中川愛海、鈴木寛人、多田恋一朗、柳博、他
会場であるTKPシアターにちなんで、美術学生が「映画」をモチーフに作品を制作しました。彼らの記憶に残る映像が放つ、色あせることのない強いイマジネーションが、さらに内面から沸き起こる表現への渇望と刺激的に交差します。
  会期:10月12日(土)〜10月25日(金) 10:00〜20:00
  会場:TKPシアター柏


C映画「ハーブ&ドロシー」 佐々木芽生監督×現代アートコレクター宮津大輔スペシャルトーク
アート界を感動で包んだ前作「アートの森の小さな巨人」の続編「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」が完成。ごく普通の夫婦が奇跡ともいえるアートコレクションを築き上げ、全米の美術館に無償寄贈、続編はその作品を追う。柏での二作品一挙上映を記念し、佐々木芽生監督と宮津大輔氏を招き、ハーブ&ドロシーとの交流やアート収集の楽しみを語ってもらう。
  会期:10月13日(日)10:00〜 映画「ハーブ&ドロシー」上映後
  会場:TKPシアター柏


DThe usefulness of the useless/作家:佐野文彦
裏千家今日庵をモチーフに作り上げた一帖台目茶室「虚象庵」を展示。周辺環境を写し取り、空間に溶け込む鏡張りの茶室の内部や周辺にて、アートと工芸を横断する作家の作品をしつらえる。週末には茶人を招き、茶会を開催。
またへうげもの(講談社モーニング)の協力によるスペシャルプログラムもご用意しております。
  茶会: 10月10日(木)〜10月24日(木) 10:00〜20:00
  会場:三井ガーデンホテル柏1F

 
EStone Portraits/作家:snAwk
「かしわ」と「ジャンクション」をテーマに制作したシリーズ作品の展示。移り変わる街と、行き交う人々。ある日、ある場所で、偶然すれ違っただけの、名前も知らない他人。気に留める事もなく、絶え間なく素通りする、一瞬の偶然。目的も行先もバラバラだけど、どこかで不思議な繋がりや、無意識に絡み合う何かがあるかも知れない。
  会期: 10月15日(火)〜11月4日(月・祝) 10:00〜20:00
  会場:スカイプラザ2階 壁面(エスカレーター横)
 
F柏高島屋ステーションモール×柏美術学院/作家:治部亜美香、犬丸宣子、久保あずさ、川崎美波、田嶋晃子、田中智、後藤宙、森永大貴

・「せん」〜かしび講師8名による展示〜
柏高島屋ステーションモール新館開業5周年を記念し、新館8階特設会場にて壁面アート展を開催。芸大・美大に在籍する柏美術学院の現役講師陣による展示です。若きアーティストたちの作品を身近に感じてください。
 会期:10月1日(火)−10月31日(木) 10:00〜21:00
 会場:柏高島屋ステーションモール新館8階特設会場

・みんなで描く未来の柏
「未来の柏はどんな街?」写真で切り取った“今の柏市”へ、子ども達が自由なは発想で、“未来の柏”を描きました。さらに、応募作品の中から選ばれた数点を柏美術学院の生徒が新たに作品化して展示。2世代の若者が産み出す、次世代の柏を感じてください。
 会期:10月8日(火)〜10月31日(木) 9:00〜19:00
 会場:かしわインフォメーションセンター

・アートフォトパネル
毎年大好評の顔出し看板を、今年はサンサン通り沿いの柏美術学院前に展示します。芸大・美大をめざす高校1・2年生が制作したおもしろアート作品が並びます。お子様だけでなく、、大人の方も通りがかりにぜひ撮影してください。
 会期:10月20日(日)・10月27日(木) 9:00〜16:00
 会場:柏美術学院前
 
 
G柳原絵夢 作品展示/作家:柳原絵夢
今回の展示では、柏駅前の景観に調和するパブリック彫刻をコンセプトに作品を展示。駅前デッキを行き交う人々が、噴水の前を通るたびにあたかも以前よりその場所に設置されていたかのような不思議な感覚になる作品です。
  会期: 10月12日(土)〜11月4日(月・祝) 10:00〜20:00
  会場:柏そごう噴水
 
 

過去の助成事業実績

・平成24年度 (2012年)


Copyright(C) 2010 Tekisuiken Cultural Fandation